ワンソードで働きはじめて1年が経ちました

ワンソードで働きはじめて1年が経ちました

広報担当のオガタです。私がワンソードで働きはじめて1年が経ちました。

この1年を少し振り返ってみると、ワンソードで働く前と比べていくつか変わったことがありました。キリがいいので、私がワンソードで働くようになった経緯とどう変わったのかをご紹介したいと思います。

ワンソードで働く前

まずは、私がこれまでどういう仕事をしてきたかをざっとご紹介します。

私はワンソードで働く前、今とは全然畑の違う住宅業界で勤めていました。その業界で働くようになった経緯はここでは割愛します。以前の勤め先は工事会社でしたが所謂下請けというスタンスではなく、顧客(工務店さんなど)の営業支援を行うことで、「よいパートナー」を目指していました。

私の仕事としては、営業資料を作ったり、広告、サイトの更新、採用活動の支援、施工動画の編集などなど…多岐に渡って私の出来る限りのことは全てやっていました。

「地域に根付いた工務店さんが大手住宅メーカーに負けないようにどう支援できるか」とか、特に惚れ込んだ自社商材もあったので「それが売れるようにするにはどうしたらいいのか」というのをよく考えていました。

力尽きそうなときに、ワンソードが福岡にやってくる

やがていろいろなことをやり過ぎてキャパオーバーをしてしまい、体調を崩してしまいました。退職をするかどうかをまだ決めていない頃、なんとワンソードが大阪から福岡にやってきます。

ワンソードのメンバーはほとんど大学の先輩ですが「あべけんさんが代表で、なにかをやっている会社」という認識しかなく、いったい何をやっているのかは当時よく知りませんでした。

そんな中、私が瀕死状態なのを聞きつけて「一緒に働かないか」と声をかけてもらいます。

とりあえず話を聞いてみようと思い、どんなことをやっているのか、どんなお客さんがいるかなどを聞いたと思います。はじめて話を聞いてみての感想は「やっぱりよく、わからない…」でした。

唯一分かったのは「ソーシャルグッドな企業を応援する」ということでした。ソーシャルグッドという言葉をその時まだあまり聞き馴染みの無かったので、印象としてはふわっとしていました。

「とりあえず」ワンソードに入る

前職を退職後、体調を整える為に人生の夏休みをしばらく謳歌し、私はアルバイトとしてワンソードで働くことにします。(今は社員と個人事業主の中間くらいの感じです)

ワンソードで働こうと思ったのは

  • ワンソードにいる人たちが、既にどんな人たちなのかを知っているから安心
  • 体調のことを考慮して、出勤日の調整を図ってくれた
  • とりあえず何かしら働きたかった
  • ワンソードがいったい何をやっているのかわからないので、実際に入ってみて知りたいという好奇心

という4つの理由からです。
ただ、これらの理由は不安要素でもあり「知り合いがゆえに仕事は一緒にしないほうがいいのでは」「実は変なことしてたらどうしよう」ということも少し思っていました笑(結果的に杞憂でした) ただ、なんにせよ「とりあえずやってみよう」っていうスタンスなので働かせてほしいと伝えたところ、快く迎え入れてもらいました。

ワンソードで働きはじめて変わったこと

そうして、ワンソード生活が始まりました。

ワンソードに入って変わったことがいくつかあります。

女ばっかりの事務所から男ばっかりの事務所に

前の職場では女性4人に囲まれた事務所でしたが、男性5人に囲まれています。今となっては慣れましたが、当初は戸惑うこともありました笑 だけどやっぱりちょっと寂しい。

社員300人以上から数人へ

前の会社ではまぁまぁな社員数いたので役職やら職種やらがいろいろあり、上下関係もしっかりあったように思います。ワンソードは大学の先輩後輩の関係はありつつも、誰の意見も同じように扱われるのでそういう意味ではフラットな関係だと思います。

会社のお金を使うにしても、前までは稟議書を書いて、上司に見せて、総務課に出して・・・という手順が必要でしたが、今では会議であげてみんなOKだったらOK的な感じが漂っています。

「広報」の意味を知る

これまでの学生生活で「広報」と名の付く係や委員会にはだいたいなってきましたが、それまで認識していた「広報」とはだいぶ違う意味を知る機会がありました。これはもうちょっと詳しく書きたいので、またの機会にします。

自分の作業の金額を意識するように

会社員のときに「自分の働きがこの給料分なのかどうか」くらいの意識はありましたが「じゃあ実際にどれだけの作業がどれだけのお金になるのか」という基準などはあまり考えていませんでした。

ワンソードに入ってからは、わかりやすく数字となって出てくるものに関しては「やったことに対する価値」というのは意識するようになったと思います。全部の仕事を数値化するのは難しいですが、自分の仕事にしても他の人に仕事をお願いするにしても考慮するべき点ですね。

勤務時間がみんな自由

私はメリハリつけて仕事をしたいので今でも時間を決めて勤務させてもらっていますが、他のメンバーは自由な時間に来て自由な時間に帰っています。

なんなら場所も自由なので、カフェや自宅にこもる派の人もいます。ときどき夜を徹した形跡があり心配にもなりますが、それぞれの生活スタイルで仕事ができるのはいい環境ですね!

この一年でわかったこと

結局一番大事なのって「元気なこと」だなとこの一年を通してつくづく感じました。

本当にこの一年で自分がみるみる元気になっていったのを自他共に実感しています。いろんな要因はありますが、やっぱり一緒にいる人たちの影響は大きいと思います。

この場をお借りして、ワンソードのメンバーに感謝申し上げます!ありがとうございます!!

もしこれを読んでる人で普段「仕事がつらすぎる」とか「会社に行きたくない」と感じてる人がいたら、その重い腰をヨッコイショと上げてもらって自分の働きやすい場所を見つけてもらえたらなと思います。(何度か変えてもいいと思います)

私は「自分なんてどうしようもない」と思っていた時期がありましたが、今では「なんとかなるかも」って思えるくらいにはなりました。六星占術で2018年は大殺界でしたが、それなりにいい年になっているオガタでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。