【読書好き必見】「その本、図書館にあります。」を使って図書館を活用しよう!

こんにちは、秘書の矢萩です!

僕は読書が好きで、
飲み会やSNSで面白そうな本の情報を仕入れると、
すぐAmazonでポチってしまいます。

なので出費が大変です。。

そんなときにとても助かる
Google Chromeの拡張機能を見つけました。

それが、
「その本、図書館にあります。」
です。

「その本、図書館にあります。」とは?

Amazonで本を検索したときに、
その本が近所の図書館に
置いてあるかどうかを教えてくれる
Google Chromeの拡張機能です。

僕はこの機能のおかげで、
図書館に置いてある本は
買わずに借りるようになり、

図書費が節約でき、
さらに多くの本を読めるようになりました。

読書好きのあなたも
ぜひこのページで使い方を覚えて、
活用してみてください!

「その本、図書館にあります」を追加する

まずはその本、図書館にあります。 – Chrome ウェブストアにアクセスします。

アクセス後、画面右上の
「Chromeに追加」ボタンをクリックして、
Chromeに追加します。

画面右上のアイコンをクリックします。

ここで利用する図書館を選択します。

まず都道府県を選択し、
次に市町村を選択します。

候補となる図書館が
一覧で出てきますので、
最寄りの図書館を選び
チェックボックスにチェックを入れます。

最寄りの図書館を選んだら、
右側の「図書館1に設定する」に
チェックが入っていることを確認して、
「設定」をクリックします。

すると図書館1に
先ほど選んだ図書館が設定されます。

同様に図書館2も設定できます。(任意)

さっそくAmazonで本を検索しよう!

図書館の設定が終わったら、
Amazonで本を検索してみましょう!

読みたいの本の商品ページへアクセスすると、、、

このように、
先ほど設定した図書館に
その本が置いてあるかどうかがわかります。

置いてあれば、さっそく図書館に借りに行きましょう!

「予約可」と表示される場合もあります。
その場合は、そのまま図書館のwebサイトへ
アクセスして予約しましょう!

なお、置いてなければ
「この本は、図書館から検索されませんでした」
と表示されます。

その場合は、
別の図書館を設定するか、
このままAmazonで購入しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

僕はこの機能きっかけで
図書館に足を運ぶようになりました。
気軽に様々な本が読めるので嬉しいですね。

今の図書館は
貸出や返却も機械でスムーズにできるので
時間もそんなにかかりません。

みなさんもこれを機に
図書館に足を運んでみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。