大学コミュニティの新しい形。芸工アプリというプロジェクトにかける想い。

大学コミュニティの新しい形。芸工アプリというプロジェクトにかける想い。

こんばんは、代表の安部です!今日はカンボジアに来ています。

あるご縁でずっと来たかったカンボジア。笑顔とエネルギーに満ち溢れた人々の日々の営みを目の当たりにし、不思議と懐かしい気持ちでいっぱいです。今回の滞在のことも後日また記事にしようと思います^^

今日はいつかワンソードとしても仕事として関わりたいなと考えている「芸工アプリ」プロジェクトにかける想いを綴ってみようと思います!

今年2018年の頭くらいから私・代表安部(+ほとんどのワンソードメンバー)の母校である九州大学芸術工学部の同窓会(通称:渾沌会)の50周年ということで、一OBとして「芸工アプリ」という企画を提案し、現在進行形で進めています。クラウドファンディングにご協力くださった皆々様、本当にありがとうございました!

そもそも話をすると、昨年2017年夏に福岡に戻ってきた僕らは母校でなんかやりたいよね ということで12月に就活企画「リクナビだけじゃないんだぜ!芸工緊急就職座談会 起業編」というイベントをやったのですが、

イベント詳細はこちら

★シェア希望★ 芸工就活座談会 -リクナビだけじゃないんだぜ- [起業編]

null

イベントレポート記事はこちら

【起業編】「芸工”緊急”就活座談会」レポート

2017.12.12

それがキッカケで現役学生時代からお世話になっていた大学の河原先生から芸工50周年イベントをやるらしいということで、その運営委員会に誘っていただいたのです。 (河原先生本当にありがとうございました!)

で、月1~2回くらいの頻度で定例会が開催され、着々と準備を進めながら、どんなイベントにしたら価値ある機会にできるかなぁとたくさん議論を重ねていました。なんせ50年代の芸工生が一同に会する場なんて最初で最後です。次はまた50年後(!)くらいの超貴重な場なわけですから、なにかスペシャルなことをしたかったわけです。

そんな中、記念碑をつくって遺そうとか、ノベルティをみんなに配ろうとか、いろいろなアイディアも出たのですが、せっかくやるなら「自分達も楽しめて、かつ後世に遺せるものにしよう」みたいな話になりまして。

そのときに出たのが「芸工アーカイブ」みたいなアイディアでした。

もとは九州芸術工科大学という単科大学で(今は九州大学と合併)、当時はわが道を行く一 匹狼なかたが特に多かったそうで、世界中で活躍されているかたを多数輩出しているにも関わらず、お互いつながりがなかったりしたので、縦(世代間)も横(学科間、異分野間)でももっとつながれたらいいのにということで出たアイディアでした。

僕自身もそういう経験がたくさんあったので、芸工OBにどんな人がいるのかもっと知りたいと思っていたので強く共感し、それをどうにか実現したいと思ったのです。

そんなベースアイディアを基に提案させていただいたのが「芸工アプリ」企画です。ざっくりいうと、芸工生限定のクローズドなSNSをつくって現役OB教職員関係なくつながろう!という企画です。

これを思いきって運営委員会に提案させていただいたところ、たくさんのOBの先輩が賛同してくださったのです!その勢いで役員会にも出席して提案させていただいたところ、予算をすぐに拠出するのは難しいけど、アリっちゃアリ(雑ですみません笑)みたいなリアクションをいただき、ならばなんとかクラウドファンディングをさせてください!という流れでこぎつけたのです。

芸工アプリの詳細とクラウドファンディングについてはこちら

芸工大50周年。過去の歴史と未来を繋ぐ「芸工アプリ」リリース – クラウドファンディング Readyfor (レディーフォー)

【渾沌会】芸工50周年を記念して芸工関係者限定SNS「芸工アプリ」を創り、現役生とOBが交流することで新たな価値を創発するプラットフォームを創ります – クラウドファンディング Readyfor

期間中にちょうど開催された 50周年イベント「50周年だヨ!芸工大宴会」の詳細はこちら

芸工大宴会

芸工大宴会. 125 likes. 九州大学芸術工学部(旧:九州芸術工科大学)50周年記念懇親会 【芸工大宴会】の情報をお届けします

そして6月末。
たくさんのかたからごご支援いただき、ついにクラウドファンディング目標額に達成したのです!
7月にはキックオフミーティングを行い、現在鋭意開発中となっています。

【進捗ご報告】7/5キックオフミーティングと今後のスケジュール / 芸工大50周年。過去の歴史と未来を繋ぐ「芸工アプリ」リリース – クラウドファンディング Readyfor (レディーフォー)

【進捗ご報告】7/5キックオフミーティングと今後のスケジュール 【渾沌会】芸工50周年を記念して芸工関係者限定SNS「芸工アプリ」を創り、現役生とOBが交流することで新たな価値を創発するプラットフォームを創ります – クラウドファンディング Readyfor

…という経緯で、現在に至るわけです。
今まではどちらかというと、ほとんど公式なアカウントで誰でもない一OBとして発信していたのですが、せっかくなのでここでは個人的な視点でこのプロジェクトにかける想いとポイントをお話すると、

1. 事業化前提である。

この企画、最初から事業化させる前提で提案をさせていただいています。採用広告などを中心とした広告費など、収益を上げ、開発にまわす持続的なモデルを考えています。大学同窓会主体の収益事業になるので一般社団法人の立ち上げを検討しています。

2. 大学と産業界の媒介となるプラットフォームにしたい。

研究と企業であったり、個性豊かな才能と企業であったり、採用や起業、共同事業など、様々な機会を創発するプラットフォームでありたいと考えています。なによりも価値の最大化を優先事項とします。ボランティアではなく、推進するための資本を得るために価値を生む。価値に資本がつき、開発が進み、価値が大きくなる。そんな循環を生む生態系を創るのが最大のテーマです。

ワンソードが掲げる「道徳と経済の両立」です。

こんなにやりがいの塊のようなプロジェクトはありませんね。
これからまずはリリースまで走ります。
始めてのことだらけなので多分トラブルもたくさんあるでしょう。
そんなときはまたたくさんのかたにご協力を乞うと思います!
そのときはどうかよろしくお願いします!!

ではでは簡単でははありますが、
今日は芸工アプリプロジェクトにかける想いということで書きました。
関係者各位、そして支援者の皆々様、引き続き宜しくお願いいたします!

安部

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。